不動産担保貸付とは

不動産担保貸付とはなにかというと、もっている不動産を担保に、お金を借りるということです。
ただし、借りるために抵当に入れる物件には、条件などもあります。どんな不動産でもよいというわけではありません。
基本的には、土地付き一戸建てや、マンション、土地そのものといった形になります。
最近では、マンションなどは価格の変動が大きいので、比較的安定している、土地付き一戸建てや、土地自体のほうが有利な場合が多いようです。

マンションの場合は、審査基準が厳しいので、あらかじめ調べておいたほうがよいと思います。
ただし、ローンを利用するときには、保証人をたてるよりも、担保を持っていた方が有利ですので、マンションに抵当の価値があれば、ローンの担保としては、充分な場合もあります。

また、不動産担保の場合、担保物件がしっかりしたものであった場合は、本人になにか有利でない状況であっても、非常に有利となります。
その場合は、トータルの勇士金額が高くなりますので、返済計画は、綿密に行う必要があります。
残高や利息、そして返済期間など、しっかりと確認しておかないと、あとで首を絞める結果となりますので、気をつける必要があります。
あまり、長い期間に設定すると、利息が高くなってしまうとか、あるいはその反対に、月々の負担額がしんどいという場合なども考えて、現在の収入、将来の見込みなども考えて設定しましょう。

 

関連サイトはこちら

新生銀行住宅ローン審査甘い?人気の借り換え!【デメリットは?】
口コミで評判の新生銀行住宅ローン。人気の秘密として、
繰り上げ返済や住宅ローンの借り換え条件の良さなどあります。
借りたい方、必見の情報満載です!
www.ginkou-sinsa.com/