年収証明と借入れ上限額

年収証明と借入れ上限額についてですが、お金を借りるときは、年収というのは必ず聞かれることになっていますが、年収証明書の提出が必要な会社は少ないと聞いています。
ただし、高額借入の場合には、年収証明が必要になることがありますが、だいたい50万円以下のときは、収入証明というのは必要ない場合がほとんどです。

 ここでいう収入証明書というのは、会社員の場合は源泉徴収票だったり、給料明細でも大丈夫です。
個人事業主だと、確定申告の控えなどが必要です。その場合に、借入総額が年収の3分の一であれば問題ないのですが、それ以上の場合であれば、借入はできないということがありますので、気をつける必要があります。

つまり、年収が300万円だとすると、100万円以上の借入はできないということですね。
これは複数の会社から借りて、合算しても同じです。
1社から50万かりたとすると、他の会社から借りる場合は、そこでは50万円以下ということになります。
カードローンを利用する場合は、利用限度額をもとにします。この場合、持っていて利用していないカードがある場合、それも計算に含まれます。
気をつけなければいけないのは、総量規制に触れてしまった場合、使用しているカードは一時的に、返済にのみしか使えなくなってしまいます。
ただし、借入残高が、基準の金額まで下がった段階で、再度、カードを使えるようになります。


住宅ローンを借りるつもりなら年収300万円以上は必要?

ソニー銀行住宅ローン審査窓口!基準厳しい?【今後の金利推移は?】
ソニー銀行住宅ローン審査に申し込んでみようとお考えの人に参考になるサイトです!
⇒ ソニー銀行住宅ローンを選んだ理由や金利・メリットなど
www.mtgasia.info/